最新のお知らせ

『信州伊那 中尾歌舞伎後援会(仮称)』の設立と賛助会員及びご寄付のお願い

 かつて娯楽のない時代に多くの集落で演じられてきた『農村歌舞伎』は、太平洋戦争や時代の流れにより演じられなくなりました。その農村歌舞伎のひとつ伊那市長谷中尾地区の『中尾歌舞伎』は、昭和61年に中尾区の青年たちが中心となり『中尾歌舞伎保存会』を立ち上げ歌舞伎を復活させ、以来30年にわたり毎年4月と11月に定期公演を行い活動してきました。こうした取り組みが評価され、『中尾歌舞伎』は現在、伊那市の無形民俗文化財(H10.6.24指定)に指定されています。

 この度、この中尾歌舞伎の保存と後世への継承を願い、有志による『信州伊那中尾歌舞伎後援会(仮称)』を設立して、保存会活動のバックアップ、伝承者の育成と定期公演の開催、普及啓発などの活動を行っていきたいと考えております。

 これらの趣旨・目的にご賛同いただき、活動及び経済面でご支援いただける個人、団体・法人の皆様を募集いたします。

 

 設立発起人

 

 伊那市長         白鳥 孝

 伊那市教育委員長     松田 泰俊

 伊那商工会議所 会頭   川上 健夫

 元 長谷地域自治区長   中山 晶計

 前 長谷地域協議会 会長 伊藤 稔

 中尾区 区長       西村 寿


1.後援会の賛助会員にご応募いただける方(賛助会員年会費:4月~翌3月)
 ・個人会員    年間5000円
 ・団体・法人会員 年間12000円
 ※特典
  (1)定期公演へのご招待
  (2)公演パンフレット等へのお名前の記載(匿名希望の方を除く)
  (3)中尾歌舞伎関連商品等への優遇
2.後援会へのご寄付にご応募いただける方
 ※寄付金はいつでも、おいくらでも受け付けます。
 ※寄付金はすべて中尾歌舞伎の保存・伝習に関する活動費のみに大切に使わせていただきます。
3.お申し込み方法
 以下の申込書をダウンロードし、まずFAXまたはご郵送でご連絡ください。
 後援会事務局(長谷公民館内)より折り返しご連絡いたします。

中尾歌舞伎保存会活動再開・春季公演のお知らせ

毎度中尾歌舞伎にご贔屓を賜り、誠にありがとうございます。

 

昨年より活動を一時休止しておりました中尾歌舞伎保存会ですが、この度活動を再開し、春季公演を行うことになりました。

 

演目は『御所桜堀川夜討 弁慶上使の段』です。

 

どうぞよろしくお願いいたします!